激安風俗ならサラリーマンでも手軽に利用できる京橋のデリヘルがお薦め

仕事帰りに便利な京橋の激安風俗

風俗遊びを満喫する

デリヘルは地域によって本番ありが当たり前

投稿日:

デリヘルは地域によって本番ありが当たり前地方によってはいまだにデリヘルは本番ありが当たり前となっている地域が存在する、法律的には管理売春として逮捕される対象となるのだが、女性が個人的にこっそりとしていて風俗店としては本番は認めていないというスタンスならば管理売春として検挙するのが非常に難しいのがデリバリーヘルスとも言える。

店舗型風俗なら簡単に検挙できる本番行為

店舗型風俗なら簡単に検挙できる本番行為警察が本番をしているという情報を得て、最初に行うのは特捜費が生活安全課に渡り、お客様として警察官が潜入調査をするのだが、生活安全課の人よりも独身警察官に命じられているケースが多いので、考え方によっては税金で風俗遊びが出来ると喜ぶ警察官も大勢いる。

本番が出来たと確認が取れたら、どれくらいの男性客が利用しているのかと数日間の張り込みを行い、検挙する予定の日は店舗型風俗で楽しんできた男性客に簡単に本番があったのかを確認、新たな男性客が店舗型風俗へ入って行き、時間を計測してそろそろだなと思ったら一斉に踏み込み、『そのままでいて下さい!』と言いながら逮捕状を見せてから『○時○分逮捕』と言いながら店長やスタッフに手錠をかけて所轄の警察署へ連行といった流れが一般的です。

それに比べてデリバリーヘルスはラブホテルや自宅など、男性客の要望の場所まで女性を配送するので非常に検挙しにくい。

男性客の自宅へは逮捕状の関係から立ち入る事ができないし、ラブホテルは何号室に入室したのかもフロントで確認してからとなる上に、やはり立ち入りが難しい上に、本番をしている状態を抑えるのはまず難しいだろう。

結果としてどうしても取り締まりをしたければ閉店させる様にする為に、デリヘルの事務所に赤灯を回した警察車両をびったりと付けて嫌がらせをするなどの行為をすれば、働く女性も出勤しにくいし、噂になるのも早いからお客様の利用だって減るといった事でデリヘルを潰すのが一番手っ取り早い方法という訳だ。

地元のデリヘルで本番ができるからと他店でやると大惨事

地元のデリヘルで本番ができるからと他店でやると大惨事地元ではデリヘルは本番があるから、他の地域でデリヘル遊びをした際に、軽く嫌がってもちょっと強引に本番しても大丈夫だろうと浅はかな男性客も実際にいる。

必然的にデリヘル嬢は驚きを通り越して泣き出す女性も多く、風俗店に電話する。

わずか数分で風俗店のスタッフが部屋まで駆けつけてきて、男性客との交渉に乗り出すのだが、和解をして決して安くない金額を支払うのか、警察に連絡されて留置場へ入るのかという選択肢を選ぶ事になるのだが、正直言って和解しか逃げる方法は基本的にはない。

証拠を出せとか言いがかりだと言い張っても、警察に行けば泣いている女性を目の前にしているだけに、警察官が男性客を脅すかの様に、強姦で逮捕されたいのか?としっかりと話してくるので結果として示談をしないと家族や会社にすら風俗店で強姦をした容疑があると知られてしまうからだ。

-風俗遊びを満喫する

Copyright© 仕事帰りに便利な京橋の激安風俗 , 2018 AllRights Reserved.